各都道府県の野菜の安全性と放射性物質、ヨウ素やセシウムの数値

千葉画像長野画像岩手画像

茨城画像群馬画像福島画像

2011/7/27 放射能の危険性-東京大学技術研究センター教授

システム生物医学教授児玉龍彦さん

児玉龍彦動画

政府の原発の対応に国会で参考人として怒りの力の入った熱弁をしています。 テレビ番組では報道されない放射性物質の本当の恐ろしさと除染作業の難しさ、国と政府がやらなければならない事を警告として教えてくれます。

東日本大震災後、食材の産地や生産者への意識が一層高まりました

スーパーなどで売っている野菜は本当に安全ですか?

東日本大震災の福島原発のメルトダウンで大量の放射性物質が放出されました。 テレビなどでは野菜や魚介類、酪農の放射能汚染の問題が毎日のように捻じ曲げられテレビ報道されています。 果たして本当にメディアが報道している通りこれらの食材はこの先は安全なのでしょうか。 スーパーや店頭に並んでいる商品は、一つ一つしっかりと時間を掛けて検査をしているのでしょうか。 確かに現地で被害にあわれた、農家の人の事を考えると風評被害の事も考えなくてはいけません。 しかし、政府の発表では直ちに影響はないとされているヨウ素やセシウムなどの放射性物質は体の小さなお子様や、これから子どもを作りたいと考えている女性にとっては少量でも非常に大きな問題です。 10年後20年後の近い未来の事を考えると、以前と比較してもさらに食材の産地や検査の安全性にもしっかりと気を使う事が必要になってきます。 いずれ影響があるかもしれないものを、子どもや家族に安心して何も気にせず不安を残さずに堂々と食べさせられますか? ポイントを総括してこの状況で政府やマスコミの発言が本当の事だと今でも素直に信じられますか。
現金化 審査なし


野菜の放射能検査は大量にあるうちのサンプル一つ

スーパーや店頭で並んでいる野菜や果物のほとんどは放射能を調べるのは外部委託で行われています。 その場合大量に出荷された中の一つをサンプルとして調べていると言われています。 この放射能検査基準も以前では水洗いをする前の調査が、水洗いをした後の計測方法に変わりました。 ですので、実際には洗浄前には現段階で公表されている数値以上に結果的には恐ろしい事ですが結果としては嘘のレポートや報告で汚染されていたことになります。

自分や大切な家族は自分で守っていくことになります

一品一品しっかりと検査をしている「オイシックス」

本当に信頼できるという意味での安全性を求めるのなら外部の機関に出すことなく、流通前に毎日全商品の検査を行っているoisix(オイシックス)がおススメです。 品物は野菜や果物だけでなく、鮮魚や卵、乳製品など対象の全てのアイテムが国の放射性ヨウ素や放射性セシウムの暫定基準値を超えていないか毎日チェックを行っています。 この段階での検査体制は各政府機関や海外のメディア等にも情報が公開されており、他社と比較してもoisixが風評被害や放射能検査体制の整備など復興支援をしっかりと考えて行動に移している事が伝わってきます。

オイシックス

誰がどのように作ったか産地や生産者の確認がしっかりできます

北海道から沖縄まで1000件以上の生産者

オイシックスの特徴のひとつとして定期購入でも、野菜をひとつひとつ選ぶことが可能です。 ですので、東北や関東の野菜や果物に不安がある方は(もちろんその地域の商品も放射能の検査基準を通過したものしか出荷しません)産地や生産者を選ぶ事もできます。 関西や中国、四国や九州で作られた商品を購入することが簡単にスマートにできるということです。 テレビやメディアでは各地で汚染が発表されていますが、自分でしっかりとどこの農家がどのように栽培しているかを知ることが出来るのはとても明確で言うなれば安心です。

農家

このページの先頭へ